ファッション

ソビエト時代の防空壕のようなセレクトショップ 原宿にオープン

 リバーヘッドは7月14日、ロシアブランドを中心にそろえたセレクトショップ、バンカートーキョー(BUNKER TOKYO)を東京・原宿のキャットストリートに開く。店舗面積48平方メートルの店内は、ソ連時代の東欧の武器庫や防空壕をイメージして鉄格子を張り巡らせている。

 ブランドのラインアップはロシアの「T3CM」「マッド フレンジー(MAD FRENZY)」「フュージョン(FUSION)」「スプートニク1985(SPUTNIK1985)」「ソーワット?(SOWHAT?)」「ソベツキー1917(SOVETSKY1917)」、デンマークの「ハン クベンハウン(HAN KJOBENHAVN)」など。

 開店後は、同店で取り扱うロシア・モスクワ発のニットブランド「サナヤ トラヤプカ(SSANAYA TRYAPKA)」のデザイナーでアーティストのレックス・ゴルロフ(Lex Gorlov)によるグラフィティなどを飾る。

 リバーヘッドは、北欧・東欧のインポートブランドを販売するウェブセレクトショップのウグラ(UGGLA)と、ロシアブランドのディストリビューションのリバーヘッドショールームを運営している。

■BUNKER TOKYO
オープン日:7月14日
住所:東京都渋谷区神宮前3-18-26 地下1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら