ファッション

「ミタスニーカーズ」国井クリエイティブ・ディレクターの思い出の7足

 上野のスニーカーショップ「ミタスニーカーズ」の国井栄之クリエイティブ・ディレクターがこのほど、講演を行った。「ミタスニーカーズ」といえば「ニューバランス」や「アディダス」「ナイキ」など、国内外の様々なブランドと協業し、数多くの別注スニーカーを手掛けている。国井は壇上にターニングポイントとなったスニーカーや特に思い入れのある7足のスニーカーを並べ、それぞれの思い出を語った。

「ナイキ」エアフットスケープ"ウエノ/シティアタック"(NIKE / AIR FOOTSCAPE "UENO / CITY ATTACK")

 初めて携わったモデル「エアフットスケープ"ウエノ/シティアタック"」はミタスニーカーズでアルバイトとして働いていた22、23歳の時に手掛けたもの。同じ上野のスニーカーショップ「山男フットギア」で働いていた友人と話をしていて、この企画を思いついた。当時はまだアルバイトだったから、自分で名刺も作り、当時の「ナイキ」企画担当者に直談判。担当者も面白いからやろうよと話を聞いてくれた。実現したのは運が90%、タイミングが10%。若かったので右も左もわからず、アグレッシブに動いたのが良かった。この企画がなければ今の僕はない。最初に自分の夢を叶えてくれたのは「ナイキ」だ。

「ニューバランス」MT580"ヘクティクxミタスニーカーズ" "第一弾"(new balance / MT580 "HECTIC × mita sneakers" "第1弾")

 原宿にショップを構えていた「ヘクティク」の真柄尚武さん・江川芳文さんと手掛けたモデル。当時オリジナルモデルのMT580は、ワゴンセールで3000~4000円くらいで売られていた。オファーをもらった時、「せっかくのチャンスなので、自分たちが好きなモデルでやりたい」となった。プレゼンでMT580と言ったら、会議室が一瞬凍った(笑)。中には、「MT580ってなんだっけ?」というくらいの社員の方もいて。それから10年以上にわたり、同じモデルでコラボを続けた。今年オリジナルモデルが20周年を迎え、再び当時のメンバーで企画したコラボは即日完売。このモデルをきっかけに、欧米やアジアでも「ミタスニーカーズ」の知名度がアップした。中国や韓国の人には、「この別注モデルをきっかけに、『ニューバランス』をファッションアイテムと思えるようになった」と言われることも。

「アシックスタイガー」 ゲルライト3 "虎視眈々" "ミタスニーカーズ"(ASICS Tiger / GEL-LYTE III "虎視眈々" "mita sneakers")

 「オニツカタイガー」も「アシックスタイガー」もそうだが、「アシックス」のスニーカーは海外から逆輸入的に盛り上がる。日本では部活のイメージが強く、タウンユースという考えはなかった。けれど僕は10年以上前から「日本でも『アシックス』はタウンユースでカッコよく履けるのに」と思っていて、8年前にこのコラボレーションを実現した。そういう意味でターニングポイントになった。当時の「アシックス」のシューズは、アシックスタイガーストライプが目立ってスポーティーさが際立つデザイン。その色を目立たなくさせることで、「よく見たら『アシックス』ってかっこいいよね」と思ってもらえるようにしたかった。オリジナルモデルは白×グリーンのスポーティーなシューズ。それをどこまで覆せるかを考えた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら