ファッション

“歯”のようなソールが特徴 「ジバンシィ」のクレアが手掛ける初のメンズスニーカーが発売

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」は8月17日、クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)=アーティスティック・ディレクターが手掛けた初のメンズスニーカー“ジョー(JAW)”を発売する。

 2018-19年秋冬コレクションのランウエイで披露された同スニーカーは、“歯”のようなソールが特徴。60~70年代のトラックシューズや90年代に登場したハイテクスニーカーなどの要素を取り入れた。

 価格は12万5000円で、「ジバンシィ」表参道店をはじめ、伊勢丹新宿本店メンズ館、阪急メンズ大阪、阪急メンズ東京などでも順次扱っていく。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら