スナップ

好天に恵まれた「フジロック’18」2日目 際立つストリートスタイルの装い

 新潟県湯沢町苗場スキー場を舞台に開催されている国内最大級の野外音楽フェス「フジロックフェスティバル’18(FUJI ROCK FESTIVAL’18以下、フジロック'18)」が7月28日に2日目を迎えた。先週発生した台風12号の接近に伴う悪天候が予想されていたが、朝9〜10時頃に多少雨がパラついただけで、以降は好天の真夏日となった。

 降雨を見込み、レインブーツをはじめとした雨具に身をつつんだ用意周到な来場者が多く見られた一方で、ヒップホップ色の強いアーティストが多数ラインアップされていることもあり、ストリートスタイルの装いも目立った。中でもヘッドライナーのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)を意識し、ケンドリックのプリントTシャツや4thアルバム「DAMN.」のTシャツを着用した来場者が多く、本日まで東京で開催されているポップアップのグッズ着用者もいた。

 ケンドリックはこの後21時から登場。来日中の米シンガーのザ・ウィークエンド(The Weeknd)や、ケンドリックと同じレーベルのサー(SiR)のサプライズ登場が噂されている。また、29時までにフィメール・ラッパーのプリンセス・ノキア(Princess Nokia)ことデスティニー・フラスケリ(Destiny Frasqueri)や、昨年ホワイトステージを満員にしたPUNPEE、2年連続出演のアヴァランチーズ(The Avalanches)などが出演する。