ファッション

ケンドリック・ラマー所属の「TDE」 × 「ナイキ」 初日は本人登場&驚きのプレゼント

 米ラッパーのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が所属する音楽レーベル「トップ・ドーグ・エンターテイメント(TOP DAWG ENTERTAINMENT以下、TDE)」は、東京・青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)でポップアップストア「THE DAMN POP UP SHOP」を27日オープンした。2日間限定オープンの同店では「ナイキ」と「TDE」のコラボ商品と「アンダーカバー(UNDERCOVER)」とのトリプルコラボTシャツのみを置く。

 今回のポップアップは特設ページでの事前抽選形式で、当選者には11~20時の営業時間の間で来店可能時間を伝える仕組み。それにも関わらず、店舗前には行列ができていた。目当ての商品をいち早く買いたいと考えている人が多かったようだ。中でも人気の商品は、スニーカーの“コルテッツ ケニー 3(CORTEZ KENNY Ⅲ)”。来店者の多くが入店してすぐにサイズの有無をショップスタッフに確認していた。ショップスタッフは「スニーカーとTシャツ、スニーカーとキャップ、フーディーなどスニーカーは必ず買い、それ以外に欲しいウエアを買っている様子」と話す。事前抽選ということもあり、即完売ということはなさそうだが、スニーカーはいち早く完売しそうだ。

 14時頃には、明日の「フジロックフェスティバル'18(FUJI ROCK FESTIVAL'18、以下フジロック'18)」に出演予定のケンドリック本人が来場。さらにサプライズで来店者3人に明日の「フジロック‘18」のチケットが手渡された。事前アナウンスもなかったため、来店者も驚いていた様子。チケットをもらった1人に話を聞くと、「あまりに驚いて声も出なかった。ついテンションが上がってしまって、スニーカーとTシャツ、フーディー、ロンTとほぼ全ての商品を買ってしまった。明日の『フジロック』は台風ということもあり検討中だが、もし行くとしたら今日買ったものは着ていきたい」と笑顔を見せた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。