ファッション

ケンドリック・ラマー所属の「TDE」 × 「ナイキ」 初日は本人登場&驚きのプレゼント

 米ラッパーのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が所属する音楽レーベル「トップ・ドーグ・エンターテイメント(TOP DAWG ENTERTAINMENT以下、TDE)」は、東京・青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)でポップアップストア「THE DAMN POP UP SHOP」を27日オープンした。2日間限定オープンの同店では「ナイキ」と「TDE」のコラボ商品と「アンダーカバー(UNDERCOVER)」とのトリプルコラボTシャツのみを置く。

 今回のポップアップは特設ページでの事前抽選形式で、当選者には11~20時の営業時間の間で来店可能時間を伝える仕組み。それにも関わらず、店舗前には行列ができていた。目当ての商品をいち早く買いたいと考えている人が多かったようだ。中でも人気の商品は、スニーカーの“コルテッツ ケニー 3(CORTEZ KENNY Ⅲ)”。来店者の多くが入店してすぐにサイズの有無をショップスタッフに確認していた。ショップスタッフは「スニーカーとTシャツ、スニーカーとキャップ、フーディーなどスニーカーは必ず買い、それ以外に欲しいウエアを買っている様子」と話す。事前抽選ということもあり、即完売ということはなさそうだが、スニーカーはいち早く完売しそうだ。

 14時頃には、明日の「フジロックフェスティバル'18(FUJI ROCK FESTIVAL'18、以下フジロック'18)」に出演予定のケンドリック本人が来場。さらにサプライズで来店者3人に明日の「フジロック‘18」のチケットが手渡された。事前アナウンスもなかったため、来店者も驚いていた様子。チケットをもらった1人に話を聞くと、「あまりに驚いて声も出なかった。ついテンションが上がってしまって、スニーカーとTシャツ、フーディー、ロンTとほぼ全ての商品を買ってしまった。明日の『フジロック』は台風ということもあり検討中だが、もし行くとしたら今日買ったものは着ていきたい」と笑顔を見せた。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら