ファッション

ケンドリックのポップアップ初日は160人 パーカ、キャップが人気

 米コンプトン出身の人気ラッパー、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)のポップアップストア「THE DAMN. POPUP」が11月18日に「モンキータイム(MONKEY TIME)」原宿店でオープンした。オープン中の18、19日の2日間は店内に同ポップアップの商品のみを置く。事前にケンドリック本人が自身のツイッターで予告していたこともあり、オープンの30分前には100人以上の行列ができ、抽選券が配られた。20分ごとに20人が入場できる。「モンキータイム」の森本聡プレス兼バイヤーが「ファッション業界と音楽業界、両方からの問い合わせが多かった」と語る通り、ケンドリックのツアーTシャツを着た人物など、ファッション好きだけでなくファンと思われる人が多く並んでいた。

 オープンは予定通り11時。その時点で約160人に抽選券が配られていた。最初の組の多くが手に取っていたのはキャップとパーカ。一方でTシャツなどはあまり注目されていなかった。これからの季節に着用できるものに人気が集中したようだ。「1日で完売することはない見通し」とのことだが、人気商品は比較的早く完売する可能性が高い。

 今回の「モンキータイム」でのポップアップストアは、ケンドリックのアルバム「DAMN.」公式グッズのデザインを手掛けるジード・オシフェソ(Jide Osifeso)により開催が決定した。ジードがデザイン、俳優のジェイデン・スミス(Jaden Smith)がディレクションを担当するブランド「エムエスエフティーエスアールイーピー(MSFTSREP)」を「モンキータイム」で取り扱っていることが大きな要因だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら