ファッション

「モンキータイム」が「スタンプド」とコラボ 現代のテクノロジーへのアンチテーゼを描く

 「モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(MONKEY TIME BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS 以下、モンキータイム)」とロサンゼルスを拠点とするブランド「スタンプド(STAMPD)」はコラボコレクション“A Stranger in Paradise”を発売する。7月14日から「モンキータイム」の原宿店、新宿店、大阪店で、7月20日からロサンゼルスの「スタンプド」のフラッグシップストアおよび公式サイトで取り扱う。

 同コラボでは、テクノロジーやSNSの発展により簡単に世界中の人とつながる環境を手に入れたが個々のプライベートをなくし、個性や多様性を抑圧している現代社会へのアンチテーゼを表現した。

 監視カメラがプリントされた“Surveillance Tee”は、小説「1984年」の常に監視され摘発される世界の恐怖を表した。また、赤く燃えるヤシの木が描かれた“The Stranger Tee”ではこれまでの普通が消失していく様子を、粉々に割れたガラスをプリントした“Shatter Tee”は、解釈や判断に規制はないことを、それぞれ象徴している。その他、千鳥柄にグラデーションを施したコットンポリショーツやカモフラージュ柄のフレンチテリースエットショーツ、ベースボールキャップ、ソックスなどをそろえる。

 なお、「モンキータイム」原宿店では、同コレクションの購入者先着50人に「スタンプド」のデザイナーであるクリス・スタンプ(Chris Stamp)と「イケア(IKEA)」とのコラボコレクション“スペンスト(SPANST)”のトートバッグをプレゼントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら