ニュース

「ワコマリア」から米マリファナカルチャー誌「ハイ・タイムズ」とのコラボコレクション登場

 「ワコマリア(WACKO MARIA)」は7月、米ロサンゼルスで1974年に創刊されたマリファナカルチャー誌「ハイ・タイムズ(HIGH TIMES)」とコラボレーションしたコレクションを発売する。「ハイ・タイムズ」のロゴやアーカイブの表紙、マリファナのリーフマークをあしらったハワイアンシャツ(2万6000円〜3万円)やコーチジャケット(1万3500円)、Tシャツ(9500円)などをラインアップ。6日から旗艦店パラダイストウキョウ(PARADISE TOKYO)と公式オンラインストアで、7日から全国の正規取り扱い店舗で販売する。

 6日には、森敦彦「ワコマリア」デザイナーが主宰するサウンドクルーKILLER TUNES BROADCASTやDJ MURO、野村訓市が出演するリリースパーティーをパラダイストーキョーで開催する。入場は無料。

 また14日には、スタイリストの野口強が手掛けるデニムブランド「マインデニム(MINEDENIM)」とコラボしたハワイアンシャツを発売する。価格は3万円で、カラーはブラック × ホワイトとインディゴ × ホワイト、そして原宿・神宮前の「マインデニム」旗艦店でのみ扱うブラックベースの3色を用意。全体に“GUILTYPARTIES”や“PARADISE”など「ワコマリア」を象徴する文字があしらわれ、サイドには通常のハワイアンシャツにないスリットが入るなど、両ブランドの“らしさ”が詰まった一品に仕上がっている。取り扱いは「マインデニム」の正規取り扱い店舗のみ。