ファッション

「ワコマリア」がタトゥーアーティストのティム・リーハイとコラボ 和を感じさせる虎や死神を配した全7アイテム

 「ワコマリア(WACKO MARIA)」は、タトゥーアーティストのティム・リーハイ(Tim Lehi)とコラボしたカプセルコレクションを3月31日に発売する。価格帯は1万~13万円で、コートやジャケット、シャツなど全7型を用意する。

 ティム・リーハイは、アメリカで活躍する和のテイストを取り入れた迫力のあるデザインが特徴のタトゥーアーティスト。2004年にタトゥースタジオのブラック ハート タトゥー(BLACK HEART TATTOO)を仲間と共に設立して活動した後、現在はテンプル タトゥー(TEMPLE TATTOO)とアトラス タトゥー(ATLAS TATTOO)に拠点を置いている。

 同コラボのために描いた和を感じさせる虎や死神のアートを、ベトジャンやハワイアンシャツといった「ワコマリア」の定番アイテムに用いた。旗艦店パラダイストウキョウ(PARADISE TOKYO)と公式オンラインストアの他、全国の「ワコマリア」取扱店舗で販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら