ファッション

お香ブーム、再び? 「ワコマリア」から“マリア像”のインセンス・バーナー登場

 「ワコマリア(WACKO MARIA)」は現在、ブランドを象徴するマリア像をかたどったインセンス・バーナー(お香立て)を販売中だ。ブランド初となるアイテムで、カラーはホワイトのみを用意。セラミック製で価格は2万円。旗艦店パラダイストウキョウ(PARADISE TOKYO)と公式オンラインストアおよび正規取扱店舗で取り扱う。

 インセンス・バーナーを発売するブランドは最近多く、「グッチ(GUCCI)」は昨年発表した初のインテリアコレクション内で、「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」は今年に入り「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」と、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)率いるヒップホップグループN.E.R.Dのそれぞれとコラボしたインセンス・バーナーを発売している。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら