ファッション

「アディダス オリジナルス」 × 「ネイバーフッド」コラボコレクション始動 新作のスニーカーも登場

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」とストリートウエアブランドの「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」がコラボし、「アディダス オリジナルス バイ ネイバーフッド(ADIDAS ORIGINALS BY NEIGHBORHOOD)」を2月24日から販売する。取り扱いは「アディダス オリジナルス」と「ネイバーフッド」の一部店舗と公式オンラインストア、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」など。

 アパレルは全8型を展開する。バイカージャケットの意匠を取り入れたスエット素材のジャケット(3万6000円)とショーツ(1万8000円)、“M51”モデルのコート(6万4000円)、ジャージー素材のTシャツ(1万円)などをリリースする。胸元に漢字や家紋のロゴをあしらい、日本の要素を取り入れた。

 スニーカーは “Gazelle”(2万2000円)と“I-5923”(2万4000円)、“NMD_R1 PK”(2万4000円)、今回のコラボが初登場の新作“Chop Shop NBHD”(2万4000円)の全4型のモデルとコラボ。 黒を基調としたボディに新選組の旗印をイメージしたジグザグ模様を取り入れるなど、「ネイバーフッド」らしいデザインに仕上がっている。

 なお、「ネイバーフッド」デザイナーの滝沢伸介のインスタグラムには、同コラボの正式なラインアップにはないスニーカー型のお香立てが投稿されており、関連をほのめかしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら