ファッション

アマゾンが「マメ」や「アンブッシュ」などを支援 東コレに初登場

 3月19日から始まる2018-19年秋冬の「アマゾン ファッション ウィーク東京 (Amazon Fashion Week TOKYO以下、AFWT)」の期間中に実施されるアマゾン ファッションによるプログラム「アット トウキョウ(AT TOKYO)」で、「アンブッシュ(AMBUSH)」「マメ(MAME)」「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」「ティー(TTT_MSW)」がコレクションを披露する。4ブランドが東京ファッション・ウイークでファッションショーを発表するのは初めて。

 「アット トウキョウ」は日本のファッションやデザインのコミュニティーへの継続的支援を目的とし、今年で3度目の開催。アマゾン ファッション独自の観点から東京の“今”を象徴するブランドを選び、コレクションを披露する場を提供しており、18年春夏シーズンには「サカイ(SACAI)」 × 「アンダーカバー(UNDERCOVER)」の合同ショーや「トーガ(TOGA)」「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」ら日本を代表するブランドが登場している。アマゾン ファッション内「アット トウキョウ」ブランドストアでは3月19日から各ブランドのショー日程に合わせて、参加4ブランドのアイテムを発売する。ブランドストア限定アイテムや、前回までの参加ブランドの商品も購入することができる。

 また、前回に続きファッションやデザイン分野の専門学校から数百人の学生を招待し、ファッション業界の人材育成を支援する。18年秋冬コレクションの「AFWT」は3月19〜24日まで、渋谷ヒカリエ、表参道ヒルズをメイン会場として開催される。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら