ファッション

世界で影響力のあるファッション業界500人に日本から13人 新たに野口強らが選出

 イギリスの「ビジネス・オブ・ファッション(The Business of Fashion、以下BoF)」は、世界を代表するファッション業界人500人「BoF500」の2017年版を発表した。今年で5回目になる。アナ・ウィンター(Anna Wintour)やエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)らのほか、日本からは新たにモデルで女優の福島リラ、セレクトショップのグレイト(GR8)の久保光博・社長、スタイリストの野口強、フェイクトーキョー(FAKE TOKYO)の柳翔吾、J.フロント リテイリングの山本良一・社長を選出。伊藤忠の岡藤正広・社長、阿部千登勢「サカイ(SACAI)」デザイナーら合計で13人が選ばれた。

 日本からは他に、佐々木啓之トゥモローランド代表取締役会長、信田阿芸子JFW国際ディレクター、高橋盾「アンダーカバー(UNDERCOVER)」デザイナー、渡辺三津子「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」編集長、ニコラ・フォルミケッティ(Nicola Formichetti)=「ディーゼル(DIESEL)」アーティスティック・ディレクター、「アンブッシュ(AMBUSH)」を手掛けるVERBAL&YOONが選ばれている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら