ニュース

ストライプの「ホテル コエ」が2018年2月に開業 ベーカリーと「コエ」を併設

 ストライプインターナショナルは、渋谷パルコパート2跡地に建設中のホテル併設型店舗を「ホテル コエ(HOTEL KOE)」と名付け、2018年2月の開業を発表した。フロアは3層で、1階(面積約360平方メートル)はベーカリーレストランとイベントスペース、ホテルレセプション、2階(同約560平方メートル)はリブランディングした「コエ」のグローバル旗艦店と位置付ける渋谷店、3階(同約560平方メートル)はホテル客室とホテルラウンジをそれぞれ設ける。衣食住の各分野で活躍するクリエイターを起用し、“ステイ”と“ファッション”“ミュージック”の3つのキーワードの下、買い物から食事、イベントから宿泊までさまざまな体験を提供していく。

 1階は、代官山のフレンチレストラン「アタ(Ata)」を手掛ける掛川哲司シェフがプロデュースするベーカリーレストラン「コエ ロビー(koe lobby)」をオープン。立ち飲みできるバーカウンターやテーブル席などを設け、ディナーからテイクアウトできるパンまで幅広いメニューを提供する。2階の「コエ」では、「コエ」のウィメンズとメンズのアパレルや生活雑貨に加え、ジョージクリエイティブカンパニー(GEORGE CREATIVE COMPANY)の天野譲滋プロデュースによる「ホテル コエ」のロゴ入り限定グッズなどを販売する。

 「ホテル コエ」のクリエイティブ・ディレクションと設計、インテリアデザインを手掛けたのは、建築設計事務所、サポーズデザインオフィス(SUPPOSE DESIGN OFFICE)の谷尻誠と吉田愛。シンプルなデザインをベースにした1、2階に対し、3階のホテルスペースは、“茶室”の要素を現代風にアレンジした演出を構想しているという。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら