ファッション

【スナップ】戻ってきた外国人観光客は何を買う?

有料会員限定記事

 コロナで消滅していたインバウンド(訪日外国人客)が戻ってきた。10月11日の渡航制限緩和や円安を背景に、渋谷や原宿、表参道、銀座といった東京の街に賑わいが生まれ始めている。彼・彼女たちは日本で何を買うのか?国籍もファッションスタイルも異なるツーリストたちに、実際に買ったものを聞いた。そのほか、GR8、渋谷109、渋谷パルコの直近の商況も伝える。(編集部記者 美濃島匡)(この記事はWWDジャパン2022年11月7日号からの抜粋です)


出身:タイ
購入品:「シュプリーム」のアンダーウエア(約3000円)
購入店:ドーバー ストリート マーケット ギンザ

 「全身ブラックのY2Kスタイルが似合う彼女はヘアメイクアップアーティスト。来日は5度目で、「思ったより賑わいがあってうれしい。今日はたくさん買い物する!」

出身:アメリカ
購入品:「オニツカタイガー」のスニーカー(約3万円)
購入店: オニツカタイガー 表参道 ニッポン メイド

 「職人技の詰まった日本のプロダクトが大好き」だという彼。「フルレザーのぜいたくな素材使いと、ほかにないシルエットが購入の決め手になった」そう。日本滞在中は「ビスビム」「ネイバーフッド」でもアイテムを購入予定

出身:アメリカ
購入品:「ニューバランス」のスニーカー(約1万2000円)
購入店:キス トウキョウ

 小さなNロゴとレトロなフォルムが特徴の“BB550”のホワイトグレーを購入。「シンプルでかわいいスニーカーを探していたの。思ったより安く手に入ってうれしい」

この続きを読むには…
残り2443⽂字, 画像15枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。