ファッション

「サカイ」 × 「アンダーカバー」合同ショーの1日を振り返る映像が公開

 「サカイ(SACAI)」と「アンダーカバー(UNDERCOVER)」が、昨年10月20日に「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」内のアマゾン ファッションが主催したプログラム「アット トーキョー(AT TOKYO)」で開催した合同ファッションショー「10.20 sacai / UNDERCOVER」と、同日夜から翌明け方まで開催した音楽イベントを振り返るドキュメンタリー映像を公開した。約9分間にわたる映像の総指揮は数多くのアーティストのPVを手掛けたことでも知られるアートディレクターの永戸徹也が務め、撮影は山田健人、中村剛、番馬秀一、島田大介の4人、編集は掛川康典、音楽は林もも、カラリストは守本勝英といった東京を代表する各世代のクリエイターが担当した。本編映像は「サカイ」と「アンダーカバー」それぞれの公式サイトで見ることができる。

 映像の前半は20日の朝、台風の接近によって雨が降る東京・信濃町の聖徳記念絵画館前に特設テントを設営するシーンから始まり、モデルたちがヘアメイクを施される様子や「アンダーカバー」のランウエイを歩いたキッズモデルたちがステージ裏ではしゃぐ姿、リハーサル、緊張した面持ちのモデル、そして本番のショーが映し出され、阿部千登勢と高橋盾の両デザイナーの姿も確認できる。

 後半は東京・渋谷のサウンド ミュージアム ビジョン(SOUND MUSEUM VISION)とコンタクト(contact)の2会場で開催されたアフターパーティーも兼ねた音楽イベントにフィーチャー。Rhizomatiksの真鍋大度と共に登場したRADWIMPSの野田洋次郎のソロプロジェクトillionをはじめ、ラッパーのS.L.A.C.K.が超満員の会場を盛り上げる様子や、ロックバンドのSODA!でボーカルを務める浅野忠信が「アンダーカバー!サカイ!」と叫ぶ様など、特別な一夜を垣間見ることができる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら