ファッション
特集 2024-25年秋冬トレンド総決算 第5回 / 全7回

2024-25年秋冬トレンド シーズンを象徴する6つのキーワードを解説

有料会員限定記事

2024-25年秋冬トレンド シーズンを象徴する6つのキーワードを解説

2024-25年秋冬は、定番アイテムの再解釈やクワイエット・ラグジュアリーをはじめ、継続トレンドの発展がカギになった。ビンテージ人気に応えるようにノスタルジックなムードも広がっている。まずは6つのキーワードでシーズンの潮流を読み解く。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月15日号からの抜粋です)

KEYWORD 01

MAKING EVERYDAY
SPECIAL

毎日を豊かに彩るスペシャルな日常着

今秋冬は日常に目を向け、そんな何気ない毎日を豊かに彩るための日常着を打ち出すデザイナーが多かった。表現方法としては、ここ数年続く普遍的なアイテムの再解釈がさらに勢いを増している。ベースとなるのは、テーラリングやトレンチコートにシャツ、スエットアイテム、Tシャツ、ジーンズなど。「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」や「サカイ(SACAI)」を筆頭に、見慣れたデザインやシルエットに大胆な捻りを加えたり、ハイブリッドやレイヤードを生かしたりして新鮮さを生むアプローチが象徴的だ。こだわりの素材や装飾で定番をアップデートする提案も光る。

この続きを読むには…
残り1565⽂字, 画像56枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。