ファッション
特集 2024-25年秋冬トレンド総決算 第2回 / 全7回

2024-25年秋冬デザイナー名言集 バックステージで語った洋服や社会への思い Vol.1

無料で読める

2024-25年秋冬デザイナー名言集 バックステージで語った洋服や社会への思い Vol.1

米「WWD」は、今シーズンもランウエイショーが終わるとバックステージに駆け込み、デザイナーの時代や社会、洋服に対する思いに耳を傾けた。各都市でコレクションを発表したデザイナーの言葉の中から、印象的なものを紹介する。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月15日号からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

Jonathan Anderson

ジョナサン・アンダーソン

「ジェイ ダブリュー アンダーソン」クリエイティブ・ディレクター

「私たちは今、何かに夢中になると、それをあっという間に消費してしまう。そして、店頭に並ぶ前あるいは映画を観る前に、その商品や作品に飽きてしまう。(今回のコレクションは)これから起こりうるファンタジーのようなもの。ファッションの最も素晴らしいところ、そしてファッションのファンタジーとは、未来を予測することだ。人々が望むものを与えることはできる。でも、どうせ飽きられる。だから、進化し続けなければならない」

Peter Do

ピーター・ドゥ

「ヘルムート ラング」クリエイティブ・ディレクター

「インスピレーションを得たのは、女性が暑い日やクラブでハラスメントから身を守るために着用するオーバーサイズの服やサブウェイシャツ。ヘルムートのヘルムートたる所以は、二面性を受け入れること。コントロール対カオス、プロテクション対セックスアピールをテーマに掲げた」

この続きを読むには…
残り1804⽂字, 画像22枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。