ファッション

ビームスが“未来のアーカイブ”を生み出す新プロジェクト 若手バイヤーが惚れた15ブランドが参加

 ビームスはこのほど、“未来のアーカイブ”を生み出すことを目的とした新プロジェクト「フューチャー アーカイブ(FUTURE ARCHIVE)」を始動した。

 始動にあわせ、入社7年目の若手バイヤーの飯塚昴が才能に惚れ込んだという15ブランドとタッグを組み、別注およびオリジナルアイテムをビームス 原宿と公式オンラインストアで7月8日〜8月31日に順次発売する。参加するのは「レッドウィング(RED WING)」「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「ディッキーズ(DICKIES)」「プア(PWA)」「ダイリク × エス エス ズィー(DAIRIKU × SSZ)」「ブルーフキャンプ(BLUFCAMP)」「シュガーヒル × ラングラー(SUGARHILL × WRANGLER)」「タイガ イガリ(TAIGA IGARI)」「ランディー(RANDY)」「ティー(TTT_MSW)」「サウンドスポーツ(SOUND SPORTS)」「ヒダカ(HIDAKA)」「ダイリク(DAIRIKU)」「ディエッメ(DIEMME)」、タトゥーアーティストのTAPPEIの15組。

 またビームス 原宿では、参加ブランドと関係の深いアーティストがタッグを組んだイベントも開催する。7月8日にTAPPEIによるライブペインティングを行うほか、16日にGliiico×「シュガーヒル(SUGARHILL)」、8月6日にシークレットゲスト×「ティー(TTT_MSW)」、8月13日にAge Factory×「ダイリク(DAIRIKU)」によるフリーライブを実施する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら