ファッション

「宇宙」から降ってきた商品開発のヒントとは? ビームス×豊島×トライフの鼎談から探る

有料会員限定記事

 「イノベーションのヒントは宇宙にある!」——。ファッション&ビューティ業界で働く皆さんには「一体、何を言い出すのか」と思われてしまうだろうか。「そうだ!」と膝を打ったアナタは、未来に向けたR&D(研究と開発)にすでに踏み出しているのかもしれない。(この記事は「WWDJAPAN」5月6日号からの抜粋です)

※R&D 「研究(Research)と開発(Development)」の意。ファッション&ビューティをはじめ製造業においては、新素材や成分、時代感や消費者の声を「研究」し、独自性のある商品やサービスを「開発」する、市場優位性を生み出す原動力と言えるもの。機能性を追求するアウトドア・スポーツメーカーや有効な成分が製品の価値に直結するビューティ企業が得意分野としてきた

 例えばビームスは2019年秋、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と豊島とともに、野口聡一宇宙飛行士のための国際宇宙ステーション滞在用ウエアを開発した。プロジェクトを手掛けた児玉正晃ビームスPD本部ブランド部は「(一般の商品開発につながる)学びは多かった」と振り返る。極限状況でも人間は着る物に「アガる」を求める。宇宙生活に求められる機能性は、和紙という日本人が古来親しんできた素材から得られたものだった。

 22年春には、「宇宙化粧品」も誕生した。ベンチャー企業のトライフ(横浜市、手島大輔代表)が開発した“フェイスピース モイスチャライジングクリーム”(100mL、税込1万8000円)は、ケミカルフリー、生分解性100%。キー成分は、有機米の米胚芽油由来だ。

 コロナ禍では「どうしたらモノが売れる?」と視野が狭くなり、思考も凝り固まりがちだ。だが、中長期的な価値を生み出すR&Dには、自社の価値や顧客、その先の社会に向けたさまざまな角度・高度からの洞察が欠かせない。

 両社の視座は「宇宙」と途方もなく高かったが、実際は身近な自然の持つパワーの再発見につながった。洗う回数を極力減らせるサステナブルな衣類や、「これ1本」というミニマルな化粧品など、地球でも売れそうな商品の可能性も見えているようだ。

この続きを読むには…
残り2984⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら