ビジネス

UA原宿本店が「ファーフェッチ」に出店、海外へ販路広げる

 ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS、以下UA)原宿本店が29日、ラグジュアリーファッションECモール「ファーフェッチ(FARFETCH)」に出店した。まずはメンズのみの取り扱いで、「ユナイテッドアローズ」や「ソブリン(SOVEREIGN)」「ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)」といった自社ブランドを中心に販売する。世界160カ国超に向けて販売できる「ファーフェッチ」のプラットフォームを活用することで、海外への販路を拡大する狙いがある。今後はウィメンズの販売も予定しており、国内のデザイナーズブランドをメーンにセレクトした商材を販売する計画という。

 「ファーフェッチ」は世界500以上のセレクトショップと提携し、商品を販売するECモール。EC倉庫を持たずに各店舗から商品を発送するため、企業ではなく店単位での出店が原則だが、その分店頭受け取りなどのオムニチャネル施策が充実している。今回のUA原宿本店でも店から発送を行うため、店頭のカタログを同梱するなどの販促活動を積極的に行うという。UAからは2015年4月のアストラット(ASTRAET)とアンルート(EN ROUTE)を皮切りに、モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(MONKEY TIME BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS)、エイチ ビューティ&ユース(H BEAUTY & YOUTH)の4店舗が「ファーフェッチ」に出店をしている。

 UAは9月7日、25周年の節目にUA原宿本店 メンズ館と道を隔てて斜向かいにあるUA原宿本店 ウィメンズ館を統合し、リニューアルオープンする。UA原宿本店 ウィメンズ館は9月3日に営業を終了する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら