ニュース

「イケア」初のスケートボード発売、ストリートブランドデザイナーとコラボ

 スウェーデン発の「イケア(IKEA)」は5月1日、ロサンゼルスを拠点とするブランド「スタンプド(STAMPD)」のクリス・スタンプ(Chris Stamp)とのコラボコレクション“スペンスト(SPANST)”を発売する。

 同コレクションは、都市型ライフスタイルとストリートファッションに焦点を当て製作。服やスニーカーが見えるように収納できるメッシュ製のワードローブ(税込2万9990円)や透明のシューズボックス(同3000円)をはじめ、今まで「イケア」で取扱いのなかったスケートボード(同9990円)やキャップ(同799円)、パーカ(同2999〜3999円)、LEDスティックライト(同2990円)などを用意する。

 スタンプは「南カリフォルニアでは、スケートボードは単なる移動手段などではないんだ。カルチャーであって、『スタンプド』の DNA と切っても切れない部分。イケア史上初のスケートボードをデザインさせてもらえてすごく光栄だ」とコメント。