ファッション

「イケア」が70点以上を値下げ、2018年度の値下げ対象が860点以上に

 スウェーデン発の「イケア(IKEA)」が12日、70点以上の値下げを発表した。2017年8月24日以降、3回目の実施となり、18年度の値下げ対象となる商品は合計860点以上。人気商品を大量生産することに加えて、パッケージ・輸送コストを削減したことで値下げを実現できたという。

 具体的にはチェアやソファー、ランドリーグッズなどが対象で、“EKTORP”の2人掛けソファが3万9990円から3万4990円へ、“ANTONIUS”物干しラックが1499円から999円へ、“JANINGE”チェアは6990円から5999円へ値下げする。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら