ファッション

「サルバム」が19年春夏からウィメンズをスタート パリで披露

 藤田哲平が手掛ける「サルバム(SULVAM)」は、2019年春夏シーズンからウィメンズアイテムの生産を開始する。同シーズンのコレクションでも印象的だったレース素材を使用したキャミソール(3万6000円)やミニスカート(2万8000円)、ロングスカート(3万9000円)の他、ホースレザーのミニスカートや定番素材であるギャバジンのパンツなどをそろえる。今後も1ラック分程度のウィメンズアイテムを継続していく予定だという。藤田デザイナーは「これまで『サルバム』の服はメンズとして提案してきたが、今はメンズやウィメンズ、春夏や秋冬といったさまざまな境目がなくなっている。ウィメンズは継続していきたいし、女性用のテーラードも作りたい」と語る。

 6月のパリメンズでは、初のインスタレーション形式でコレクションを披露した。フェミニンなレース素材や多彩なカラーリングなど、これまでのパンクな荒々しさとは異なるアプローチで新境地を見せた。「今は気合いを入れて着る服よりも、袖を通すと心地よくなるような服が作りたい。見せ方もランウエイショーにこだわり続けてきたが、初めてパリでインスタレーションに挑戦して手応えを感じた。今後もいろいろなコレクションの見せ方を模索していきたい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。