ファッション

道南初! アメリカ西海岸がテーマの複合型ライフスタイルショップが函館にオープン

 北海道・函館にアメリカンダイナーとセレクトショップを合わせた複合型ライフスタイルショップ、サウス・シダー・ドライブ・イン(South Cedar DRIVE INN)が、11月3日オープンした。同店を手掛けたのは函館を拠点とするアパレル企業、ファースト・フラッシュ(Firstflash)の小林一輝オーナー。
 
 同店のコンセプトはアメリカの西海岸で、2階建てのショップ総面積は500㎡。1階はアメリカンダイナーとウィメンズ、キッズアパレルや雑貨、2階はメンズアパレルというフロア構成だ。アメリカンダイナーのジョリージェリーフィッシュ(Jolly Jelly Fish)は1982年の創業で、函館のソウルフードであるステーキピラフやハンバーグを提供する。
 ウィメンズ、キッズアパレルのゾーンでは同店のロゴをプリントしたオリジナルアイテムやビンテージアイテムを、雑貨ゾーンでは、ホームケアブランド「ア デイ(A DAY)」のボディオイルやハンドソープ、アメリカブランド「ペインプロダクツ(PAINE PRODUCTS)」のインセンス(香)の他、アメリカで買い付けた工具用品などをそろえる。2階のメンズアパレルは、「リーバイス(LEVI’S)」や「ナイキ(NIKE)」「チャンピオン(CHAMPION)」などのビンテージアイテムと「コールマン(COLEMAN)」のランタンを始めとする、ビンテージのアウトドアギア、同店オリジナルアイテムというラインアップだ。
 
 小林オーナーは「これまで故郷の函館と札幌でアメリカの西海岸をテーマにした古着屋や飲食店を経営してきたが、複合型のライフスタイルショップをオープンすることが目標だった。函館は土地も安く出店しやすい環境。これまでのノウハウを結集した」と出店の経緯を明かし「この場所が函館の若者にとって、少しでもアメリカの文化に興味を抱くきっかけになることが理想だ」と展望を語った。

■サウス・シダー・ドライブ・イン
住所:北海道函館市東山2-6-1
時間:11:00~23:00(L.O.22:00) / 日曜日11:00〜22:00(L.O.21:00) ※アパレルフロアは11:00〜20:00
定休日:水曜日

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら