ファッション

関西セレクトショップ界の雄 ロフトマン初の東京ポップアップ

 京都、大阪でセレクトショップを7店舗運営するロフトマン(LOFTMAN)が、東京で初のポップアップショップ、ロフトマン キャラバン イン 東京を開催する。会場となるのは代々木上原にあるセレクトショップ、バーニッシュ サロンだ。

 10月6~9日の会期中ポップアップショップには、アームと背中に炎とアザミを刺しゅうした「ブルーナボイン(BRU NA BOINNE)」のジャンパーや、9ウェルのコーデュロイを使った「サイ(SCYE)」の九分丈ルーズフィットパンツ、今季のロフトマンの提案カラーであるグレーのスエードでエレガントに仕上げた「トリッカーズ(TRICKER'S)」のチャッカブーツなど、別注アイテムが多数並ぶ。

 ロフトマンの創業は1976年。2016年に40周年を迎え、「17年は新たな挑戦の年」と木村真・社長。「次の40年、服屋を取り巻く環境はいっそう厳しくなるだろう。大手セレクトショップにはない機動力を積極的に生かしていきたい。その一手が、ロフトマン キャラバンだ。今後は、東京以外の地方にも巡業したい」とコメント。

 東京への本格進出について聞くと、「物件・アイデア・コスト、この三つが折り合えば東京進出もありえる。ただし、急いだりあわてたりはしていない。まずはロフトマン キャラバンを通じて、ロフトマンのことを知ってもらうことが大事だ」と応じた。

■LOFTMAN caravan in TOKYO
日時:10月6~9日
時間:12:00~20:00
場所:バーニッシュ サロン
住所:東京都渋谷区西原3-5-2

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら