ファッション

仲里依紗が「リーボック」アジアパシフィックアンバサダーに就任

 リーボック(REEBOK)は1月27日、アジアパシフィックアンバサダーに女優の仲里依紗を起用することを発表した。今後は「リーボック」の核であるファッションとフィットネスの双方を表現するアイコンとして、さまざまなキャンペーンに登場する。

 仲里依紗はファッションアイコンとして注目される一方で、趣味でクロスフィットトレーニングを行う。フィットネスとファッションを自由に楽しむ彼女のライフスタイルがブランド理念と合致したことから、今回のブランドアンバサダー就任が実現した。キービジュアルでは、ランニングシューズの“インターバル”にトリコロールのアウターとショートパンツを合わせたスタイルを披露した。

 仲は「もともと『リーボック』は大好きなブランドで、私服でも取り入れていた。今回アンバサダーとして就任させていただくことになりとてもうれしかった。うれしさのあまり趣味のクロスフィットの回数も増え、毎日筋肉痛。どんどん強くなっている気がする」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら