ファッション

仲里依紗が「リーボック」アジアパシフィックアンバサダーに就任

 リーボック(REEBOK)は1月27日、アジアパシフィックアンバサダーに女優の仲里依紗を起用することを発表した。今後は「リーボック」の核であるファッションとフィットネスの双方を表現するアイコンとして、さまざまなキャンペーンに登場する。

 仲里依紗はファッションアイコンとして注目される一方で、趣味でクロスフィットトレーニングを行う。フィットネスとファッションを自由に楽しむ彼女のライフスタイルがブランド理念と合致したことから、今回のブランドアンバサダー就任が実現した。キービジュアルでは、ランニングシューズの“インターバル”にトリコロールのアウターとショートパンツを合わせたスタイルを披露した。

 仲は「もともと『リーボック』は大好きなブランドで、私服でも取り入れていた。今回アンバサダーとして就任させていただくことになりとてもうれしかった。うれしさのあまり趣味のクロスフィットの回数も増え、毎日筋肉痛。どんどん強くなっている気がする」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら