ファッション

「ドクターマーチン」が“1460 8ホールブーツ”誕生60周年記念プロジェクト始動 第一弾は「ベイプ」

 「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」は、定番モデル“1460 8ホールブーツ”の誕生60周年を記念したプロジェクト「THE 1460 REMASTED」を始動した。今後、「ドクターマーチン」と親交のあるさまざまなブランドとのコラボモデルを12カ月連続で発売していく。

 第1弾は、「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R)以下、ベイプ)」とのコラボレーションモデル“1460 ベイプ ジップ 8アイブーツ(1460 BAPE ZIP 8 EYE BOOT)”を数量限定で1月25日に発売する。「ベイプ」が誇るクラシックパターンの1ST CAMO柄と星形モチーフの“ベイプ スタ(BAPE STA)”を施した。価格は2万8000円で、サイズは22.0〜29.5cm。「ドクターマーチン」青山店や原宿店、公式オンラインストアなどで取り扱う。両者はこれまで、“1460 8ホールブーツ”と“1461 3ホールブーツ”をベースに「ベイプ」のカモを型押ししたシューズを製作してきた。

 プロジェクト「THE 1460 REMASTED」は、“1460 8ホールブーツ”を「“1460 8ホールブーツ”とは?」をテーマに、各ブランドの解釈やクリエイティビティーを通して新しいものを表現する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら