ファッション

「エンダースキーマ」が「ドクターマーチン」と初コラボ 定番3ホールを再構築

 東京発のフットウエアブランド「エンダースキーマ(HENDER SCHEME)」は9月28日、「ドクターマーチン(DR. MARTENS)」との初となるコラボレーションシューズを発売する。両ブランドを取り扱う世界各国の店舗で販売予定で現在、「エンダースキーマ」の旗艦店スキマ 恵比寿と公式オンラインサイトで抽選を受け付け中だ。応募期限は店舗が9月15日の20時、オンラインが9月18日の20時まで。

 アイテムは「ドクターマーチン」の定番シューズ“1461”をベースに、同ブランドが本国イギリスで製作した“1461 エンダースキーマ”(5万円)と、「エンダースキーマ」が生産拠点の浅草で製作した“マニュアル インダストリアル プロダクツ21 × ドクターマーチン”(5万8000円)の2モデルをそろえる。“1461 エンダースキーマ”はブラックのスムースレザーのアッパーに、付け替え可能なブラックとナチュラルの2色展開のキルトを装着。キルトやシューレース、ヒールの一部に「エンダースキーマ」の象徴的素材であるベジタブルタンニンレザーを使用した。

 “マニュアル インダストリアル プロダクツ21 × ドクターマーチン”はベジタブルタンニンレザーをベースに製作し、シューズ全体で経年変化を楽しめる仕様に再構築。「ドクターマーチン」のアイコンであるエアクッションソールなどをレザーで表現した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら