ファッション

「マスターマインド」と「ベイプ」のコンセプトブランドが初上陸 ビジュアルはRKが新宿ストリートで撮影

 2018年に香港でスタートした「マスターマインド ジャパン(MASTERMIND JAPAN)」と「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R)以下、ベイプ)」のコンセプトブランド「マスターマインドVS ベイプ」が2月12日から18日、伊勢丹新宿本店メンズ館1階にポップアップストアをオープンする。同ブランドはコラボレーションの枠を超えて、18年から香港に常設店も構えており、日本で展開するのは今回が初めて。

 ポップアップストアでは、お互いのブランドを象徴するスカルと大猿のアイコンを並べた限定アイテムを取り扱う。Tシャツ(1万5000円~)やフーディー(4万4000円~)、クルーネックスエット(3万4000円~)、キャップ(1万2000円)などに加え、「アルファ インダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)」とのコラボMA-1(13万円)や「メディコムトイ(MEDICOM TOY)」とのコラボ“ベア ブリック(BE@BRICK)”(1万6000円)などをラインアップする。イベント初日の入店は4~8日に伊勢丹の公式ウェブサイトで事前抽選を行う。

 イメージビジュアルはフォトグラファーのRKが担当した。新宿のネオン街で、高層ビル群や交差点、繁華街などを背景に撮影。日本生まれの両ブランドが新宿の街で共鳴する幻想的な世界観を表現した。RKは東京を拠点に活動するフォトグラファー兼DJ。東京を中心にアジアのストリートシーンを切り取り、海外メディアからの評価も高い。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら