フォーカス

“ZOZOSUIT”担当者が語るスーツの全て、試着してわかったその性能

 クリスマスの朝、スタートトゥデイから「“ZOZOSUIT”を試着してみませんか」という誘いを受けた。しかも、動画撮影もOKとのこと。二つ返事で快諾し、幕張にある本社へ向かった。その道中、何を聞こう、どうやって撮影しよう、などと色々考えてみたが、やっぱり一番知りたいのは、“ZOZOSUIT”がどういうもので、どうやって使うかだ。消費者目線でレポートするために、(着用姿を撮影するのは腰が引けるが、恥を捨てて)自分が初めて見た感想をそのままに、動画に収めることにした。

 登場した“ZOZOSUIT”は、思ったよりも小さいサイズだった。袋から出すと、中身はさらに小さい。パンツとトップスが別になっていて、素材はスポーツ製品にあるようなストレッチ素材に、ゴムのような質感の独自素材が張り巡らされている。ここに測定のための1万5000カ所もの測定機器が入っているという。精密機械の入った通信基盤は全部で4つ。胸部と背面、両足太ももの外側だ。

 早速、着てみる。自身は痩せ型中背だが、ゴムのような素材のせいか、若干着用に手間取った。インナーの上から着用し、トップスは男性なら何もつけない。着る際に生地を引っ張るわけだが、それがスイッチとなって、勝手に電源が入るようだ。着用後は「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」内に設置予定の“使い方”のページを参照しながら、計測を行うだけだ。

 アプリには着用方法が書いてあり、次へ進むボタン押すと、Bluetoothを介して“ZOZOSUIT”とアプリが同期された。続けて「測定開始」ボタンを押すと、5秒の間が空いて測定が開始した。その間は両手を横に広げ、楽な体勢を維持する。ものの数秒で測定は終了した。そして、すぐアプリ上に細かな採寸データが表示された。しかも、ウエストやバストだけでなく、足首の周囲や首回りなど、かなり細かい。これで測定は全て完了で、個人データとして「ゾゾタウン」側にデータが保管される。まだ詳しくは明かされていないが、このデータをもとにプライベートブランドや既存ブランドのアイテムを選ぶことになるのだろう。

 続けて、女性記者にも同じサイズの“ZOZOSUIT”を着てもらった。“ZOZOSUIT”はそもそもユニセックス仕様である程度の身長差・体重差には対応できるようになっているため、サイズ展開はさほど多くないという。ただ、痩せ型だったり、個人の体型によっては生地が伸び切らず、計測できない部分もある。今後は、すでに注文を受け付けている海外展開にも対応できるサイズを準備していく予定という。着用した感想について、「アンダーバストなど、女性ならではのサイズを誰にも知られずに計測できるのは画期的。無料配布するものだからと思っていたが、測定スピードも早く、精度も想像以上だった」という。たしかに、女性にとっては自分だけで正確なサイズ情報を得られること自体が大きなメリットだ。毎日使えば、サイズ管理なんかにも使える。

 ちょうど前澤友作・社長がツイッターで「生産量が充分に用意できず年内の配送が難しくなったため、大変申し訳ありませんが延期させてください。年明けてなるべく早いタイミングで開始させます」とコメントした通り、発送開始が待たれる“ZOZOSUIT”。実際のアイテムを見ることで、その技術力についてはこの目で確かめることができた。とはいえ、まだまだ気になることは山積みだ。そこで、こうした一通りの体験を終えた後、“ZOZOSUIT”の開発を担当する常井康寛PB準備室ディレクター(以下、常井)に、聞きたいことをぶつけてみた。