ニュース

「ゾゾ」初の自社ブランド名は「ZOZO」 採寸のための“ZOZOSUIT”無料配布を発表

 「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイは22日、自社で生産を手掛けるプライベートブランド(以下、PB)のブランド名が「ゾゾ(ZOZO)」であることを発表した。22日は前澤友作・社長の誕生日でもあり、記念すべき日に詳細を明らかにした形。発売は11月末を予定する。

 前澤社長は自身のツイッターで、「プライベートブランドの名称はもちろん『ZOZO』にしました。想像と創造の二つのSOZOが語源のZOZOですが、遂に私たちの想像が創造され、世の中に発表できることとなりました」とコメントしている。

 あわせて、初となるアイテム“ZOZOSUIT”を発表。“ZOZOSUIT”は採寸のためのボディースーツで、ニュージーランドのソフトセンサー開発企業 StretchSense Limited.と共同開発したもの。伸縮センサーを内蔵し、トップスとボトムスを着用してスマートフォンとBluetooth接続するだけで、採寸データを瞬時に計測できる。22日から予約を受け付け、世界中で無料配布をする予定だ。今後はプライベートブランドでの活用に加えて、「ゾゾタウン」でのサイズ把握にも利用する。

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら