フォーカス

「“ZOZOSUIT”が“似合う”黄金比を解明する」 ゾゾ前澤社長が明かすプライベートブランド構想

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが31日、ついにプライベートブランド(以下、PB)「ゾゾ(ZOZO)」を始動する。まずはクルーネックTシャツ(税込1200円)4色(黒、白、グレー、ネイビー)とスリムテーパードデニム(税込3800円)3色(ワンウォッシュ、インディゴブルー、ライトインディゴブルー)の2種類を用意。1型あたり数千〜数万ものサイズパターンを用意し、“ZOZOSUIT”のでの体型計測データをもとに同社が提案する“ぴったりな”サイズを注文できる受注生産体制をとる。しかも、袖丈や着丈などのサイズ感は自分で調整でき、注文後は即日〜2週間で商品が届く。同社はこれに合わせて、「スタートトゥデイ研究所」を発足。これまで「ゾゾタウン」で蓄積した1億件以上の購買データ、約3000万件のブランド公式商品データや約1000万件のコーディネートデータ、約2300万人のユーザー情報などに加えて、“ZOZOSUIT”の体型計測データをもとにファッションの研究を進める計画だ。「ゾゾ」とともにスタートトゥデイが目指す未来について、前澤友作・代表取締役社長を直撃した。

WWD:まず、予約開始10時間で23万件もの注文が入った“ZOZOSUIT”だが、現在の注文数と生産状況は?

前澤友作・社長(以下、前澤):おかげさまで伸び続けている。プロモーションをやっていない海外からの注文もかなり来ている。31日に発送を開始し、2月以降お手元に順次届く想定だ。しかしながら、11月中にご予約の方は最大6カ月、12月以降にご予約の方は最大8カ月程度お待ちいただく可能性がある。

WWD:“ZOZOSUIT”が遅延した最大の要因は?

前澤:現状の受注量は見込んでいたが、ミリ単位の精度にこだわった結果、ここまで時間がかかってしまった。ようやく完璧な“ZOZOSUIT”が完成した。

WWD:今後は受注が増えても大丈夫か。

前澤:今のラインがきちんと動けば、受注が増えても大丈夫。具体的にいつ届くかという案内は、今後サイト上でもお知らせする予定だ。

WWD:“ZOZOSUIT”の原価は数万円かかるのではないか、と推測されるが。

前澤:数万円はしない。

WWD:億単位の費用を計上してまで”ZOZOSUIT”を無料配布したのは、データにそれだけの価値があると考えたからか?

前澤:顧客獲得単価という考えがあるが、広告を打っても一人あたり数千円はかかるもの。広告を打つのと同じ感覚だ。

WWD:着用デバイス以外にもサイズを知る方法はあったのでは?

前澤:研究段階で何十社にも声をかけ、いろいろな案を試した。でも、ミリ単位の精度を出せるのは“ZOZOSUIT”だった。もしかしたら今後は“ZOZOSUIT”ネクストとして他の方法が見つかるかもしれない。

WWD:一度使った“ZOZOSUIT”はどうすればいいのか。

前澤:繰り返し何度でも計測できるので体型が変化したと感じたら再計測したり、友だちにあげたりして再利用しもらえれば。実際、国内では2〜3サイズで対応できているので、ほとんどの人が同じサイズを着用できる。

WWD:海外発送も開始する?

前澤:海外への発送はこの春以降を予定している。海外で一番注文が多いのはアメリカ。提携するソフトセンサー開発企業 (StretchSense Limited.)があるためか、ニュージーランドでも注文は多い。