ファッション

子ども服ブランド「ボンポワン」のディレクターにアン・ヴァレリー・アッシュが就任

 仏発の子ども服ブランド「ボンポワン(BONPOINT)」のクリエイティブ・ディレクターに、フランス人デザイナーのアン・ヴァレリー・アッシュ(Anne Valerie Hash)が就任した。前任のクリスティーヌ・イナモラート(Christine Innamorato)から業務を引き継ぐ。着任日についてはまだ公表されていない。

 「ボンポワン」は、パリのセレクトショップ「メルシー(MERCI)」の創立者としても知られるマリー・フランス・コーエン(Marie France Cohen)が1975年に立ち上げた。2006年にはイナモラートがクリエイティブ・ディレクターに抜てきされ、EPIグループ傘下に入った2007年以降も業務を継続。キッズコレクションおよび18年に立ち上げた大人向けウィメンズライン「ボンポワン・パリ(BONPOIN PARIS)」などを手掛けた。また「ボンポワン」は、すでに休止となっているヤング向けウィメンズライン「ヤム(YAM)」などを展開してきた。

 アッシュは、パリの服飾学校サンディカ・パリクチュール校を卒業し、01年に自身のブランドを設立。その後、03年には「ANDAMファッション・アワード(ANDAM Fashion Award)」でグランプリを受賞した経歴を持つ。08年にはキッズライン「マドモアゼル(MADEMOISELLE)」をスタート。14年に同ラインを閉じ、15年2月から仏発で現在はファーストリテイリング傘下の「コントワー・デ・コトニエ(COMPTOIR DES COTONNIERS)」のクリエイティブ・ディレクターを務めた。

 「コントワー・デ・コトニエ」では、母から娘に継承される服をテーマにした広告キャンペーンシリーズを打ち出し、ブランド設立20周年となる15-16年秋冬のキャンペーンでは、フランス人女優のシャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)と当時13歳の娘アリスを起用するなどして脚光を浴びた。アッシュは16年5月まで同職を務めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。