ファッション

おしゃれ親子が多数来場 「ボンポワン」がオープン記念パーティーを開催

 パリ発のラグジュアリー子供服ブランド「ボンポワン(BONPOINT)」は、アジア初のコンセプトストアとして東京・銀座にオープンしたボンポワン ギンザ(BONPOINT GINZA)のオープニングレセプションを8月29日に開催した。

 オープニングレセプションに合わせてクリエイティブ ディレクターのクリスティーヌ・イナモラート(Christine Innamorato)が来日。また、モデルのSHIHOや寺島しのぶ、林家三平・国分佐智子夫妻ら、芸能人やインフルエンサーも多数来場し、コンセプトストアのオープンを祝福した。

 また、同日に開催したパーティーでは、壁や大きなキューブに描かれたイラストに子どもが自由に色を塗るスペースや、同ブランドのロゴをあしらったベスパに乗って撮影ができるコーナー、生バンドに合わせて踊るイベントタイムなど、親子で楽しめるイベントやスペースが多数用意された。また、「ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERME PARIS)」のソフトクリームコーナーにはカウンターに子どもの手が届くようステップが用意されたり、子ども用のDJブースが設置されるなど、パーティーは総じて子ども目線で構成されていた。

 同ブランドは現在、日本国内に13店舗を展開しており、コンセプトストアはパリ、ニューヨークに次ぐ3店舗目となる。イナモラート=クリエイティブ ディレクターは、銀座地区を「パリのモンテーニュ通りに似ていて、とても好きだ」と話し、ボンポワン ギンザの建物について「銀座地区には珍しいアール・デコ様式で、その点をとても気に入っている」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら