ファッション

ベイクルーズが女性の生理周期に着目した新ブランドをスタート

 ベイクルーズは、女性の生理周期に着目した新ブランド「エミリーウィーク(EMILY WEEK)」をスタートする。9月15日に期間限定コンセプトショップを東京・南青山(港区南青山5丁目12‐4)にオープンし、同日からオンラインストアでも販売する。

 同ブランドは、同社社員向け新規事業提案コンテスト「スタートアップ キャンプ」から生まれたもの。柿沼あき子「エミリーウィーク」担当が前職時代から女性特有の悩みを抱えていたことから、同コンテストに応募し、約100件の中から選ばれた。

 「エミリーウィーク」は、生理周期を軸とした4週間の女性のバイオリズムに着目。オリジナルのデリケートパッド(布ナプキン)やアロマグッズを中心に、セレクト商品として「シシフィーユ(SISIFILLE)」のオーガニックコットンナプキン、フランスのデリケートゾーンケアブランド「ウーマン エッセンシャルズ(WOMAN ESSENTIALS)」、日本初上陸の米国オーガニック下着ブランド「ブルック ゼア(BROOK THERE)」の他、ハーブティーなども取りそろえる。ホルモンバランスが大きく変化するターニングポイントである25~30代女性をターゲットに、より前向きに毎日を過ごせるような商品をランアップする。

 青山のコンセプトショップは約2カ月間を予定。オープン記念として、同店での購入者先着100人にピルやコスメなどが入る大きさのポーチと、「シシフィーユ」のオーガニックコットンナプキン3個パックをプレゼントする。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら