ファッション

ベイクルーズが女性の生理周期に着目した新ブランドをスタート

 ベイクルーズは、女性の生理周期に着目した新ブランド「エミリーウィーク(EMILY WEEK)」をスタートする。9月15日に期間限定コンセプトショップを東京・南青山(港区南青山5丁目12‐4)にオープンし、同日からオンラインストアでも販売する。

 同ブランドは、同社社員向け新規事業提案コンテスト「スタートアップ キャンプ」から生まれたもの。柿沼あき子「エミリーウィーク」担当が前職時代から女性特有の悩みを抱えていたことから、同コンテストに応募し、約100件の中から選ばれた。

 「エミリーウィーク」は、生理周期を軸とした4週間の女性のバイオリズムに着目。オリジナルのデリケートパッド(布ナプキン)やアロマグッズを中心に、セレクト商品として「シシフィーユ(SISIFILLE)」のオーガニックコットンナプキン、フランスのデリケートゾーンケアブランド「ウーマン エッセンシャルズ(WOMAN ESSENTIALS)」、日本初上陸の米国オーガニック下着ブランド「ブルック ゼア(BROOK THERE)」の他、ハーブティーなども取りそろえる。ホルモンバランスが大きく変化するターニングポイントである25~30代女性をターゲットに、より前向きに毎日を過ごせるような商品をランアップする。

 青山のコンセプトショップは約2カ月間を予定。オープン記念として、同店での購入者先着100人にピルやコスメなどが入る大きさのポーチと、「シシフィーユ」のオーガニックコットンナプキン3個パックをプレゼントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら