ビューティ

「エミリーウィーク」の生理用品がパッケージデザイン賞を受賞

 “女性の生理周期に寄りそうライフデザイン”をテーマにした、ベイクルーズグループのブランド「エミリーウィーク(EMILY WEEK)」は、アジアで唯一のパッケージデザイン賞「トップアワードアジア(TOPAWARDS ASIA)」を受賞した。同アワードは、グローバルに活躍するデザインのプロフェッショナルを審査員に迎え、アジア圏の優れたパッケージデザインを評価して、アジアにおけるデザインの発展を目指す。今回の審査員はアートディレクター兼グラフィックデザイナーの清水彩香とアーティストの島津冬樹が務めた。

 「エミリーウィーク」が受賞したのは「外見部門」。生理週間が近づくにつれてデリケートになる女性の肌の変化に合わせて素材を変えた、4種類の布製パッドシリーズ“4ウィークライナーシリーズ(4 WEEK LINER SERIES)”のパッケージが選ばれた。受賞作品は今後、「トップアワードアジア」のウェブサイトやSNSを通じて世界に発信される。

 審査員の清水は「生理用品のデザインは少し前から、とあるメーカーの施策によって、主に日本のツイッター上で注目され、議論されている。論点はいくつかあるが、女性らしさって、女性の求めているものって何だろうか、と考えさせられた。世の中が決めつけた“女性らしさ”を疑い、本当に良いものを目指したときにたどり着くのは、自然の一部としての“人間らしさ”なのかも知れない。もちろん、さまざまな選択肢があっていいのだけど、いち女性として、今、この生理用品のデザインを評価しておきたいと感じた」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら