ニュース

ダイヤモンドの輝きを体現する女性に贈られる「2019年フォーエバーマーク賞」を杏が受賞

 デビアス グループ(DE BEERS GROUP)のダイヤモンドブランドである「フォーエバーマーク(FOREVERMARK)」は9月25日、「アンダーズ東京」で「2019年フォーエバーマーク賞」の授賞式を開催した。同ブランドは日本に上陸して今年で10周年。ダイヤモンドのような“永遠の輝き”を放つ女性に09年から授与している。

 今年は、同ブランドの発表イベントでも登場したブランドのアンバサダー的な存在であるモデル兼女優の杏が受賞。「フォーエバーマーク」のロングセラーで永遠の絆を象徴する“エンコルディア® コレクション”から新作ペンダント“タイトノット”の特別版が贈呈された。ペンダントの中央には、「フォーエバーマーク」の最上級のカットで仕上げたダイヤモンド‟ブラックレーベル“のスクエアシェイプ(1.08カラット)がセットされている。

 オレンジのドレスで登場した杏は、「誕生石がダイヤモンドなので、親しみがある。“タイトノット”のペンダントには輝きと重厚感を感じるとともに、肌なじみがよく、いろいろな場面でつけられる。輝きがすばらしくスクエアカットが新鮮。日常に四角いものは多くあり、安心感がある」とコメント。絆に関しては、「家族から力をもらえる。物だけでなく経験やメッセージも含めて、ストーリーを引き継いで行きたい」と話した。

 「フォーエバーマーク」では、美しさとエシカルであることにこだわり抜いた天然未処理のダイヤモンドだけを認定し、一つ一つのダイヤモンドに同ブランドのアイコンと個別認証ナンバーが印されている。その厳しい基準を満たすのは世界のダイヤモンドのわずか1%未満。“ブラックレーベル”は、20年の研究によって生まれたデビアス グループ独自のカットで、カットの最高グレードとしてフォーエバーマーク鑑定書に記載される。

 「フォーエバーマーク」について杏は、「本物を追い求めるブランドで、一つ一つ選び抜いたダイヤモンドを提供している。このような賞をいただいてとてもうれしく光栄に思う」と笑顔を見せた。

問い合わせ先
フォーエバーマーク
03-6261-5080