ファッション

「スピック&スパン」などベイクルーズ傘下の5ブランドが複合ショップ ルミネ池袋にオープン

 ベイクルーズ傘下のフレームワークスは、運営するウィメンズ5ブランドの複合セレクトショップ「アトリエ スピック&スパン(ATELIER SPICK & SPAN以下、アトリエ)」を3月5日にルミネ池袋にオープンする。同複合ショップでは、アパレルブランド「スピック&スパン(以下、スピック)」「フレームワーク(FRAMEWORK)」「プラージュ(PLAGE)」とジュエリーブランドの「リラ(LILAS)」、ライフデザインブランドの「エミリー ウイーク(EMILY WEEK)」を展開する。同フロアにあった「スピック」と「リラ」の店舗を増床して店舗面積を約360平方メートルとし、3ブランドを含めた複合ショップとして開く。

 オープンを記念して、各ブランドの限定アイテムを発売する。「スピック」は春物のプリントワンピース(2万4000円)やスカート(1万7000円)、コットンワンピース(1万6000円)の限定色を用意。「フレームワーク」はワイドデニムパンツ(1万5000円)を先行発売するほか、限定色のトートバッグ(3万円)を取り扱い、イニシャルを入れることができるオーダー会も開催する。

 その他、「プラージュ」はギャザーワンピース(2万6000円)、「エミリー ウイーク」はワンショルダータンクトップ(8200円)の限定カラーを販売する。「リラ」はピアス(1万8000円)やスライスダイヤモンドのネックレス(25万円)などを取り扱う。

 またフラワーアート・ユニットのプランティカ(PLANTICA)がプロデュースした花のビジュアルを制作。ブランドごとに異なるデザインをプリントしたバッグを、2万円以上(税抜き)購入した人にノベルティとして提供する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら