ファッション

「スピック&スパン」2021-22年秋冬 カラーとレイヤードで“等身大の自分らしさ”を表現

 ベイクルーズグループが運営する「スピック&スパン(SPICK & SPAN)」の2021-22年秋冬のテーマは“ジャストレディ”。「背伸びをしない、等身大の女性」に向けて、ボーダーやドット柄、デニム素材、ミリタリーなどの定番要素におしゃれ心をくすぐるトレンド気分を加えて提案する。森田真央プレス担当は「たくさんの女性が自分らしさを表現し、ファッションを前向きに楽しんでほしい」と話す。

 今春夏の店頭ではリネンシャツやフリルをあしらったブラウスなどが好調。「リネンシャツでもブルーやベージュなどカラーを取り入れるお客さまが多い」といい、来秋冬もディープグリーンやボルドー、カームイエローを中心に、バリエーション豊かにそろえる。またトレンドの刺繍の付け襟をプラスしたスタイリングや、ニットとニットの組み合わせ、ワンピースにパーカを重ねたレイヤードなどを打ち出す。

 ボーダー柄アイテムでは、管野寿哉デザイナーが手掛ける「ソフィスケート(SOPHIESKATE)」とコラボして、デザインボーダーにアクセントカラーを加えたカットソー2型を用意。イギリスの老舗ブランド「バブアー(BARBOUR)」には、ビンテージモデルのアウターに取り外し可能なワイヤー付きフードと袖口にリブを付けた商品を別注した。

 オリジナルのデニムレーベル“ファイブアンドハーフ(FIVE AND HALF)”からは、完売が続いているという人気のクロップドジーンズに加えて、リバーシブルデザインのジャケット、フリルを襟元にあしらったダンガリーブラウスなどが登場する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら