ファッション

「トッズ」が「エンダースキーマ」とのコラボを発表 9月に発売へ

 「トッズ(TOD’S)」は、柏崎亮が手掛ける「エンダースキーマ(HENDER SCHEME)」とのコラボレーションを発表した。今回の協業は「トッズ」のコラボレーションプロジェクト“トッズ ファクトリー(TOD’S FACTORY)”の一環で、商品や価格は明かされていないものの、ユニセックスのラインアップになるという。9月のミラノ・ファッション・ウイーク期間中に開催するイベントで発売後、「トッズ」の一部直営店やオンラインストア、東京のドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などで販売する。

 “トッズ ファクトリー”は、世界で活躍するデザイナーやアーティストとのコラボプロジェクトとして2018年に始動。これまでアレッサンドロ・デラクア(Alessandro dell'Acqua)やアルベール・エルバス(Alber Elbaz)、「​マメ(MAME KUROGOUCHI)」の黒河内真衣子デザイナーと協業してきた。

 「エンダースキーマ」は、2010年にフットウエアからスタート。大手スポーツメーカーの人気スニーカーをヌメ革で作る“オマージュシリーズ”が人気で、クラフツマンシップを多角的に捉えたモノ作りが特徴だ。現在はバッグやウエアなども制作し、これまで「アディダス(ADIDAS)」や「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」ともコラボレーションしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら