ファッション

「トッズ」がデラクアとコラボ カプセルコレクションを11月に発売

 トッズ・グループ(TOD’S GROUP)は25日、パリの高級ホテルのリッツ パリで会見を開き、「ヌメロ ヴェントゥーノ(N21)」のデザイナー、アレッサンドロ・デラクア(Alessandro Dell'Acqua) とのコラボレーションを発表した。靴と服をトッズの主要店とオンラインで11月中旬に発売する。

 これは、今年2月に発表した新プロジェクト“トッズ ファクトリー(Tod’s Factory)”のウィメンズ版第1弾だ。“トッズ ファクトリー”はデザイナーに限らず“才能ある人”を迎えてのカプセルコレクションや限定商品。ストリートブランドが得意とする販売・プロモーション手法“ドロップ”と同じく、発表から発売までの期間を短くして話題を喚起し、盛り上がりがピークのタイミングで店頭やオンラインストアに商品を投入する。メンズでは先にラポ・エルカン(Lapo Elkann)率いる車改造会社ガレージ イタリア(GARAGE ITALIA)とのコラボを発表した。年間を通じて数回発売し、従来の春夏・秋冬の発表は別途継続する。

 商品は、ヌードピンク、黒、同社がタンと呼ぶブラウンの3色展開で、9の靴と7のウエアがそろう。ブランドのアイコンである“ゴンミーニ”(靴底の突起)を生かしたポインテッド・トーのパンプスなど、「トッズ」の強みとデラクアが得意とするフェミニンな要素を融合している。会見の席でデラクアは、「とても光栄なことだ。特に職人たちとの仕事に感銘を受けている」とコメントした。イメージビジュアルのモデルにはエディ・キャンベル(Edie Campbell)などを起用。エディも会見に姿を見せた。

 トッズ・グループのディエゴ・デッラ・ヴァッレ(Diego Della Valle)最高経営責任者(CEO)は、スピードが加速し続けるマーケットへの危機感をあらわにすると同時に、変革を進めていることを強調した。「すべてが“ナイキ・ストア”みたいで、多くの企業が混乱している。われわれは変わらなければならない。この1年で20年分の仕事をした気分だよ。ただし、変えるのはコミュニケーションの手法であり、ヘリテージやDNAは変えない。クオリティーの高さが大前提であり、それを生み出している職人たちを誇りに思う」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら