ビジネス

「トッズ」が大変革 コラボやカプセルコレクションで発表する業態へ

 トッズ・グループ(TOD’S GROUP)のディエゴ・デッラ・ヴァッレ(Diego Della Valle)最高経営責任者(CEO)は2月23日に開催した「トッズ」2018-19年秋冬コレクションのショーで、新プロジェクト「トッズ ファクトリー(Tod’s Factory)」を発表した。

 アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)がニューヨークに構えたスタジオ、ファクトリー(The Factory)にちなんで名付けられたという「トッズ ファクトリー」は、6カ月ほど前から準備を進めていたという。デッラ・ヴァッレCEOは「このプロジェクトにより『トッズ』は、6カ月に1度コレクションを発表する業態から、カプセルコレクションや限定コレクション、個人やブランドと親しくしている人物とのコラボコレクションを1年を通して“ドロップ(発売)”する業態に変化する。このビジネスモデルでコレクションをより早く、より厳密にコントロールすることが可能になる。ブランドのストーリーを伝える新たなコミュニケーション方法だ。みんなを驚かせたい」と説明。同プロジェクトのお披露目は18年6月か7月を予定しているという。

 「トッズ」はウィメンズは16年にアレッサンドラ・ファッキネッティ(Alessandra Facchinetti)がクリエイティブ・ディレクターを退任して以来、デザインチームがコレクションを手掛けている。2018-19年秋冬のウィメンズのショーが最後の発表になるのかどうかについては言及を避けた。

 「商品は、25歳の目を通して作られるようになる。われわれはまるで、毎月物事を集めてまとめる雑誌の編集者のようだ」とデッラ・ヴァッレCEO。すでに、18年春夏の広告キャンペーンにケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)を起用したり、インフルエンサーのキアラ・フェラーニ(Chiara Ferragni)とのカプセルコレクションも発売中だ。

 「シュプリーム(SUPREME)」や「キス(KITH)」などのストリートブランドのようにコラボやコレクションを頻繁に“ドロップ”する業態を採用したりと、年に2回のコレクション発表から移行するブランドも増えている。「ジバンシィ(GIVENCHY)」や「キートン(KITON)」、「モンクレール(MONCLER)」もミラノで藤原ヒロシら8人とのコラボアイテムを定期的に“ドロップ(発売)”するプロジェクトプロジェクト「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」を発表した。

 さらにデッラ・ヴァッレCEOは「世代交代の時が来た。18年は、新チームとマネジャー陣を迎える変革の年になる」と語る。17年11月には同社に33年間勤めたステファノ・シンチーニ(Stefano Sincini)「トッズ」CEOが退任し、ブルガリ(BVLGARI)でワールドセールス担当マネジンング・ディレクターを務めていたウンベルト・マッキ・ディ・チェッレーレ(Umberto Macchi di Cellere)が後任に就くと発表した他、今春クラウディオ・カスティリオーニ(Claudio Castiglioni)=グローバル・ジェネラル・マネジャーが退任することが決まっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら