ファッション

新木優子が「けやき坂イルミネーション」の点灯式に登場 衣装はおよそ1億円

 六本木ヒルズは、東京・六本木の「けやき坂イルミネーション」を11月5日に開始した。同日は六本木ヒルズアリーナで点灯式を開催し、モデルで女優の新木優子が点灯者“スノークイーン”として登場した。新木は「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」のネイビーベルベットのベアトップドレスや「ティファニー(TIFFANY)」のジュエリーなど、総額1億円以上の衣装に身を包んだ。

 新木は「直前まで雨が降っていましたが、雨のおかげでいつも以上にキラキラ輝くイルミネーションの点灯式になった。毎年見に来ている『けやき坂イルミネーション』を点灯することができてすごくうれしく思う」とコメント。理想的なクリスマスの過ごし方について「友達や家族など、大切な人と過ごせたらどんな場所でも素敵なクリスマスになる。でもせっかくならこういったイルミネーションがきれいな場所を歩いてみたい」と語った。

 同イルミネーションは、約400mにわたるけやき坂通りを、青色と白色のLEDライト約70万灯で幻想的に演出する。今年のテーマは“LIVE VEIL”で、光が流れるような電飾が特徴だ。電力は全て自家発電設備で供給する。期間は12月25日まで。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら