ファッション

新木優子が「けやき坂イルミネーション」の点灯式に登場 衣装はおよそ1億円

 六本木ヒルズは、東京・六本木の「けやき坂イルミネーション」を11月5日に開始した。同日は六本木ヒルズアリーナで点灯式を開催し、モデルで女優の新木優子が点灯者“スノークイーン”として登場した。新木は「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」のネイビーベルベットのベアトップドレスや「ティファニー(TIFFANY)」のジュエリーなど、総額1億円以上の衣装に身を包んだ。

 新木は「直前まで雨が降っていましたが、雨のおかげでいつも以上にキラキラ輝くイルミネーションの点灯式になった。毎年見に来ている『けやき坂イルミネーション』を点灯することができてすごくうれしく思う」とコメント。理想的なクリスマスの過ごし方について「友達や家族など、大切な人と過ごせたらどんな場所でも素敵なクリスマスになる。でもせっかくならこういったイルミネーションがきれいな場所を歩いてみたい」と語った。

 同イルミネーションは、約400mにわたるけやき坂通りを、青色と白色のLEDライト約70万灯で幻想的に演出する。今年のテーマは“LIVE VEIL”で、光が流れるような電飾が特徴だ。電力は全て自家発電設備で供給する。期間は12月25日まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら