ファッション

ラフ・シモンズが初めて全監修 「カルバン・クライン」の新フレグランスが登場

 ブルーベル・ジャパン(東京都、セルジュ・グレベール社長)は、輸入販売を手掛ける「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」の新作フレグランス「カルバン クライン ウーマン オードパルファム」を10月17日に発売する。価格は50mLが9200円で、100mLが1万1500円。

 同フレグランスは、ラフ・シモンズ(Raf Simons)=チーフ・クリエイティブ・オフィサーが初めて全てを監修。多様なライフスタイルを送るパワフルな現代女性から着想し、さまざまな顔を持つ女性を表現した。オレンジフラワーとユーカリの実、シダーウッドの香料をベースに、ブラックペッパーやフローラル、フランキンセンスをブレンドした。ウッディーな香りとオレンジフラワーなどのフレッシュなアロマのコントラストが特徴だ。

 ガラスボトルの背面には、ニューヨークを拠点に活動するアーティスト、アン・コーリアー(Anne Collier)の、女性の目を描いたアート作品のモチーフを大胆に使用した。

 広告キャンペーンには、若手女優のルピタ・ニョンゴ(Lupita Nyong'o)とシアーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)を起用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら