ファッション

「フレッドペリー」がブロンディ・マッコイの「テムズ」との第3弾コラボを販売中

 「フレッドペリー(FRED PERRY)」は現在、イギリスを代表するスケーターのブロンディ・マッコイ(Blondey McCoy)が手掛けるスケートブランド「テムズ ロンドン(THAMES LONDON)」との第3弾コラボコレクションを発売中だ。

 昨年8月から続く同コラボコレクションだが、今回はブロンディの地元ロンドンの学生服から着想し、これまでラインアップされることがなかった待望のパンツを含む全9型を用意。パンツは、素材にフリースを採用し、「フレッドペリー」のオリジナルテニスボマーとのセットアップになっている。またその他、袖に「フレッドペリー」のロゴテープをあしらったロングTシャツや、カラーブロックデザインのVネックニット、首元のスモールジップとイレギュラーにポケットが付けられたスエットシャツなど、どれもブロンディらしい遊び心あるデザインになっている。

 価格は1万〜4万7000円で、旗艦店フレッドペリーショップ東京(FRED PERRY SHOP TOKYO)と路面店フレッドペリーショップ大阪(FRED PERRY SHOP OSAKA)、みなとみらい東急スクエア店、池袋パルコ店、エスパル仙台店、および「フレッドペリー」の公式オンラインストアで取り扱い中だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら