ファッション

「フレッドペリー」がブロンディ・マッコイ手掛ける「テムズ ロンドン」とコラボ 全7型を発売

 「フレッドペリー(FRED PERRY)」は8月26日、ブロンディ・マッコイ(Blondey McCoy)が手掛けるスケートブランド「テムズ ロンドン(THAMES LONDON)」とのコラボコレクションを発売する。「フレッドペリー」のアイコニックなポロシャツ(1万2000円)をはじめとした、リブTシャツ(7000円)、襟の付いたスエット(1万5000円)、ナイロンブルゾン(2万4000円)のアパレルラインに加え、スニーカー(1万4000円)とリストバンド付きのヘアバンド(3500円)の全7型をそろえる。東京と大阪の旗艦店の他、公式オンラインストアと一部取り扱い店舗で販売予定だ。

 このコラボは、ブロンディ・マッコイが「フレッドペリー」のポロシャツを着用してスケートをしていたことから実現。ブロンディが「『テムズ ロンドン』のロゴを載せてみたいといつも思っていた」と話すように、全アイテムに両ブランドのロゴがあしらわれており、ヘアバンドは2つのロゴを融合させた特別なロゴになっている。

 「テムズ ロンドン」は、2015年に立ち上げられたスケートブランド。ブランド名の由来はテムズ川からで、クリエイティブ・ディレクターを務めるのは、1997年生まれでレバノン系イギリス人のブロンディ・マッコイ。アメリカ西海岸のスケートブランドとは異なり、イギリスのユースカルチャーが色濃く反映され、ポップさと抜け感のあるデザインが特徴。同じくスケートブランドの「パレススケートボード(PALACE SKATEBOARDS)」とは兄弟ブランドの関係にあり、ブロンディは「パレススケートボード」に所属するクルーの1人。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら