ファッション

「アディダス オリジナルス」の名作スニーカーが70s回帰の新コレクションと共に再販

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は6月15日、ローテクスニーカー界の名作と名高い“キャンパス(CAMPUS)”を再発売する。人気のグレーやネイビーの他、新たにビビットピンクやブルーなどを加えた14カラーをラインアップ。定番のスエード素材にギザギザの“スリーストライプ”と、サイドの“CAMPUS”の文字配置は変わらない。価格は9990〜1万5000円で、全国の「アディダス オリジナルス」ショップや「アディダス」のオンラインストア、セレクトショップなどで取り扱う。

 これに合わせ、フードのついたアノラックや、袖をカットオフしたジャージー素材のワンピース、メッシュ生地にピンクのドットをプリントしたプルオーバーなど、70年代のスポーツシーンを彷彿とさせる新ライン“70s アパレル(70s APPAREL)”も発売する。「NO TIME NO THINK」と題したキャンペーンの一環として公開されたキービジュアルには、「アディダス スケートボーディング(ADIDAS SKATEBOARDING)」のブロンディ・マッコイ(Blondey McCoy)、ナケル・スミス(Na-Kel Smith)、モデルのタビア・ボネッティ(Tavia Bonetti)、ティファニー・ライティ(Tiffany Lighty)を起用し、ケネス・カッペロ(Kenneth Cappello)が撮影を担当した。

 また、“キャンパス”を着用したロックバンド、OKAMOTO’Sにフィーチャーした写真展「NO TIME NO THINK」を6月15日から7月12日まで、「アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ」、「アディダス オリジナルス ショップ 心斎橋」、「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」原宿店、、アトモス原宿店、ビリーズ エンター原宿店で開催する。入場は無料。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら