ファッション

「アディダス オリジナルス」の名作スニーカーが70s回帰の新コレクションと共に再販

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は6月15日、ローテクスニーカー界の名作と名高い“キャンパス(CAMPUS)”を再発売する。人気のグレーやネイビーの他、新たにビビットピンクやブルーなどを加えた14カラーをラインアップ。定番のスエード素材にギザギザの“スリーストライプ”と、サイドの“CAMPUS”の文字配置は変わらない。価格は9990〜1万5000円で、全国の「アディダス オリジナルス」ショップや「アディダス」のオンラインストア、セレクトショップなどで取り扱う。

 これに合わせ、フードのついたアノラックや、袖をカットオフしたジャージー素材のワンピース、メッシュ生地にピンクのドットをプリントしたプルオーバーなど、70年代のスポーツシーンを彷彿とさせる新ライン“70s アパレル(70s APPAREL)”も発売する。「NO TIME NO THINK」と題したキャンペーンの一環として公開されたキービジュアルには、「アディダス スケートボーディング(ADIDAS SKATEBOARDING)」のブロンディ・マッコイ(Blondey McCoy)、ナケル・スミス(Na-Kel Smith)、モデルのタビア・ボネッティ(Tavia Bonetti)、ティファニー・ライティ(Tiffany Lighty)を起用し、ケネス・カッペロ(Kenneth Cappello)が撮影を担当した。

 また、“キャンパス”を着用したロックバンド、OKAMOTO’Sにフィーチャーした写真展「NO TIME NO THINK」を6月15日から7月12日まで、「アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ」、「アディダス オリジナルス ショップ 心斎橋」、「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」原宿店、、アトモス原宿店、ビリーズ エンター原宿店で開催する。入場は無料。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。