ビジネス

「カルヴェン」のセルジュ・ルフュー、アイシクル傘下入りで解雇に

 上海企業アイシクル・ファッション・グループ(ICICLE FASHION GROUP以下、アイシクル)による仏ブランド「カルヴェン(CARVEN)」の買収についてパリの商事裁判所の発表によると、セルジュ・ルフュー(Serge Ruffieux)「カルヴェン」クリエイティブ・ディレクターの雇用はその買収に含まれていないことが分かった。本件について、同クリエイティブ・ディレクターのコメントは出ていない。また買収額は420万ユーロ(約5億4000万円)だという。

 アイシクルは15日、ルフューについて「彼は素晴らしい才能を持っているが、今はブランドの再生を成功させるための選択をしていかなければならない。今後のクリエイティブの方向性とスタイルは極めて重要な課題だ」とコメントした。

 今回の買収では、ルフュー以外の72人の従業員の雇用は継続されるという。事業については、売り上げの8割に当たる卸売業と、フランスとイギリスの計4店舗、売り上げの3%ほどを占めるECが含まれる。

 「カルヴェン」の従業員による協議会では、アイシクルによる「カルヴェン」の再生計画を説明不十分とし、52人の代表従業員のうち40人がアイシクルの買収に反対したという。アイシクルは今後3年で中国国内に「カルヴェン」の33店舗をオープンし、800万ユーロ(約10億円)の投資を計画している。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら