ビジネス

「カルヴェン」破たん 身売り先を探す

 フランスブランド「カルヴェン(CARVEN)」と、その親会社ソシエテ ベランジェ(SOCIETE BERANGER)がパリの商事裁判所に日本の民事再生法に相当するフランスの法律適用を申請したことが明らかになった。「カルヴェン」は破たんし、身売り先を探す。ブランドの広報もこれを認めている。

 会社は、セルジュ・ルフュー(Serge Ruffieux)による2018年春夏コレクションの生産が滞り、このデリバリーをキャンセル。これにより資金繰りに行き詰まったようだ。「カルヴェン」は現在99人の従業員を抱え、年商は2000万ユーロ(約26億円)程度だったようだ。

 ブランドの広報によると、「カルヴェン」の株式は香港を拠点とするブルーベル(BLUEBELL)など8社が保有しているという。ブルーベルが過半数株式を保有しているかは不明だ。

 「カルヴェン」は1945年設立。「ニナ リッチ(NINA RICCI)」を去ったギョーム・アンリ(Guillaume Henry)により復活し、コンテンポラリー・ブランドの一角になった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら